健康について

HOME > 私たちの家づくり > 健康について

シックハウスの危険性

シックハウス症候群のしくみご存知ですか?

住まいの中には、建材等が出す揮発性化学物質(きはつせいかがくぶしつ)が空気中に溢れています。その化学物質を空気と一緒に吸い込んでしまうと…

『目がチカチカする』『体がダルイ』『吐き気がする』『頭が痛い』
そんな症状が突然出ることがあります。

今まで大丈夫だったのに…急になんで??
と思う方も多いのですが、シックハウス症候群のしくみは
『人それぞれがもつ、アレルギー源への許容範囲の差』から生まれます。
アレルギーへの抵抗力の差は、人それぞれで個人差があります。

つまり同じ環境で暮らしていても、シックハウスの症状が出る人、出ない人がいます。
この発症のしくみは、花粉症の症状に似ています。

今はなんともなくても、化学物質は体内にすこしづつ蓄積されて、頭痛などの症状をなどが
徐々に現れます。
その症状が進行していくと、化学物質過敏症という恐ろしいアレルギー症状へと
進行してきます。

化学物質過敏症って?

香水、整髪料、芳香剤など日常的に使用するものですが、これらの中にも化学物質が使用されています。
そんなごく当たり前に存在しているものの匂いなどで、気分が悪くなったり、吐き気がしたりと、普通に生活するのさえ困難になってしまう恐ろしい症状なのです。
自分には関係ないと思う方もいらっしゃると思いますが、花粉症や、食物アレルギーとそんなに変わるアレルギーではないのです。

毎日暮らす住宅が元になり引き起こされる症状だとしたら…本当に安心して暮らせる住宅なのでしょうか?

子どもは大人のニ倍の呼吸をしている

子どもは大人に比べて約2倍の呼吸を行っています。
つまり化学物質も大人の2倍吸い込んでいるということになります。
家族のために建てる家が、病気の発生源になるなんてとても考えたくない事実ではないでしょうか?

ページトップに戻る