性能について

HOME > 私たちの家づくり > 性能について

長期優良住宅について

省エネルギーに配慮し、地震に強く、100年以上は使い続けられるような長もちする住宅。それが「長期優良住宅」です。
戦後の日本では、建ててから30年近くもたてば、古くなった家を壊して新たに建て直すことを繰り返してきました。でも建て替えにはお金がかかりますし、地球環境を考えると1つの家を大切に使っていくほうが好ましいのは当然です。そこで2009年に登場したのが、長期優良住宅の制度。質が高く、次の世代へ引き継いでいけるような家づくりを進めるため、一定の基準を満たした住宅を長期優良住宅と認定し、税制優遇などで後押しします。

耐震性

柱直下率60%以上を厳守しています

安全な住宅を設計するためには、上下階の柱位置を揃えることがとても大切です。
柱直下率(2階柱のうち、その真下に1階柱がある柱の割合)を60%以上確保していれば、床の不陸事故発生確率が低くなります。
サラダホームでは耐震性を確保した安全・安心な住宅のために、この柱直下率60%以上確保することを全ての住宅において厳守しています。

断熱材

裸グラスウールの充填断熱工法を採用。
断熱材の種類で断熱性能に大きな差はありません。 大切なのは気密性です。
断熱施工を行うのは大工さんです。その大工さんの腕次第で 性能は大きく変わります。当社では、棟梁が断熱施工の講習を受け正しい施工方法を 行っています。

気密シート・テープ

外気に接する壁面を気密シートで覆います。 シートのつなぎ目部分には気密テープでしっかりと塞ぎます。
下地材(間柱や桟など)の木部をきちっと覆うことにより 断熱欠損の量が激減します。

Low-Eガラス・遮熱シート

断熱欠損が大きいところは開口部分にあたる窓です。
ただのペアガラスではなく、ガラスの内側に特殊金属膜を 施したLow-Eガラスを使用することで、赤外線・紫外線をカットし冷暖房効率を向上させます。
また、透湿防水シートにアルミ蒸着層を設けたシートで透湿性はもちろん、遮熱効果が生まれ屋内の冷暖房効率が 向上し、省エネルギーに貢献します。

シロアリ対策

Jotoキソパッキング工法を採用。
優れた換気能力でシロアリが生息しにくい環境をつくります。 10年間の長期安心補償付きです。

防虫防蟻処理剤は、無機物のホウソ系のエコボロンを採用。 一般的な農薬系は、空気中に溶け出し人体にも悪影響を及ぼし5年で分解・消滅します。
エコボロンは無機物のため、分解・揮発・蒸発することなく半永久的に効果が持続します。
保証も防蟻処理剤保証としても長い10年保証がついています。

内装下地ボード

きれいな空気環境を実現させるハイクリンボードを採用。

有害物質ホルムアルデヒドを短期間で吸収分解し、安定した物質と水にします。
空気清浄機などランニングコストやメンテナンスの必要がなくお部屋の空気をきれいな状態に保ちます。

ページトップに戻る