家づくりQ&A

HOME > 家づくりQ&A

お客様より寄せられた質問をまとめました。

中古住宅について

質問
マンションの購入について
答え

マンションを買う場合、買ったその時から不動産としての値打ちは下がり始めます。

都心の地価の高い場所に建つマンションでも、この先地価の上昇が期待できなければ不動産としての値打ちは落ちていくばかりでしょう。

でも、近くに駅やコンビニがあるなどの住環境が充実しているなど住みやすい条件が整っている場合は、賃貸に出すと家賃収入を得られたりもします。

場合によってはマンションを購入する際に借入した住宅ローンの支払金額よりも家賃収入のほうが多いということもありえます。

しかし、古いマンションを買った場合、何年後かに一戸建てなどに転居を考えていも予想以上に査定金額が低く、賃貸に出すにしてもなかなか借主がつかなかったりすることが多いのが現状です。

 

マンションは建物は古くなると修繕しなければなりません。

賃貸マンションとして貸し出している場合は修繕費を貸主が払わなければいけません。

古くなり家賃を安くして借主がついても黒字になるとはかぎりません。

ワンルームマンションだと借主となる住人は単身者の場合がほとんどです。

そして、周囲に新築のマンションや賃貸アパート物件がさほど変わらない家賃で建っていれば、借主は見つからないのではないかということが想像できます。

 

自分が住むため、または投資物件としてマンションを購入することであなたの生涯設計、家族構成が変わってくるかもしれません。

質問
住み替えについて
答え

家族が増えるなど家族構成の変化に伴い、今住んでいる家やマンションを売って、新築のための土地を買い、新築を建てる計画を進める場合、既住建物の売却と新しい土地の購入は同じ不動産仲介業者に相談することが多いと思います。

しかし、必ずしも同じ不動産仲介業者に頼む必要はありません。

自分や家族が納得できる土地を探すために複数の不動産業者に相談してみましょう。

 

複数不動産業者の中のどこからか色々と知識が得られるかもしれません。

 

住み替えを考える際に重要なことは今の家の住宅ローンの残りを精算し、新しく住宅ローンを組む資金計画をすることです。

無理のない資金計画、住宅ローンの借入をすることが大事です。

 

また考え方ですが、今の住んでいる家やマンションの住宅ローンが完済されているのならば売るだけが選択肢ではなく、賃貸住宅として資産にするという方法もあります。

借主がいれば、家賃収入を新しい住宅ローンの返済と相殺、または生活費にあてるという考え方もできます。

 

また中古住宅、中古マンションとして売るには売主側と買主側、謂わば需要と供給のタイミングが合わないと成立しません。

そういった条件も仲介してもらう不動産業者に相談し、売却と購入の話を進めていくのがいいでしょう。

 

新築を建てる場合は4ヶ月から半年ぐらいの建築期間を考慮しておかなければいけません。

その予定も不動産業者とお話ししながら売却の期限やタイミングをしっかりと相談してと必要があります。。

もし仮に売却、土地の購入の仲介を依頼する不動産業者と新築依頼する建築業者が同じ会社であれば、一連の流れを全て依頼できるので安心かつ合理的です。

ページトップに戻る