上棟について

HOME > サラダの現場 > 上棟について

上棟・上棟式について

上棟は棟木(むねぎ)という部材を屋根の一番上に上げることです。
上棟することでお家の骨組みが完成し、そのお祝いとして行われるのが上棟式です。
工事に関係する人たちが集まり、今後の工事での安全を願い、協力していい家づくりをしていく気持ちを表します。

御施主様からすると上棟式はお家を建ててくれる職人さんに感謝を示すためにも行います。

サラダホームでは上棟式で梁(はり)に上がり「ひとぎ」の掛け声とともに 集まってくれた方にお餅を投げたりします。
上から見る景色は最高ですよ!

上棟式は簡易的な式にしたり行わなくても問題ありません。
上棟式を行わないからといって、お家づくりに影響することは一切ありません。
担当者との打ち合わせ時によく話していただき納得のいく方法を選んでください。

上棟式の様子

ページトップに戻る