サラダトーク

HOME > サラダトーク > 日出町 H様邸

無添加住宅との出合いで理想のマイホームを自覚
日出町 H様邸

「そろそろ家が欲しいと思い、夫婦で大分市内の住宅展示場を見て回っていたんです。見終わる頃には、モダン和風の家が良いな、ぐらいには考えていましたね。そして最後にたまたま見かけた『無添加住宅』に入ってみたら、すっかり気に入ってしまって」とおっしゃるのは、Hさんのご主人。
このように、初めは漠然としたものでしかなかったマイホームへの考えが、『無添加住宅』に出合って一変したというHさんご夫婦。家を建てる時、どのような家にするのか、ということは、どのような暮らしを望んでいるのか、ということなのだという本質に気がついたのです。
そして、家族が快適に、安心して暮らしていける家にしたいと、サラダホームに依頼したのでした。
「入居した頃というのは、ちょうどツワリのひどい時期だったんです。私の場合、ちょっとした匂いにも反応してしまっていたのですが、この『無添加住宅』で建てた自分の家にいる時は、軽くて済んだ。変な匂いがしないせいでしょうね。自分でも驚きました」と、奥様。これから生まれてくる子どものためにも『無添加住宅』を選んで正解だった、と再確認した出来事だったようです。
家を建てるにあたり、特に奥様が希望していたのが、自宅でピアノ教室を開くための音楽室でした。音が響き過ぎないよう、この部屋の床だけはコルク敷きにしていますが、壁には漆喰を施しています。
また、アルコーブを設け、下部は楽譜などの収納に。上部は天然石を貼り、インテリア性の高い空間に仕上げました。「ピアノ2台を置くため特別な補強が必要かと思ってたんですけど、サラダホームさんの基礎だったら標準仕様で大丈夫だと言われて、安心しました」と奥様。
家族が安心して暮らすためには、素材を厳選するだけではなく、家の構造自体が強固なものでなければなりません。同社では創業以来、地震に強い家づくりを心がけてきました。H様邸も、綿密な計算と、これまで培ってきた技術力を駆使し、堅牢な造りに仕上がっているのです。
また、音楽室とともに、当初から予定されていたのが大容量の収納でした。洋服は、季節ごとにタンスの衣替えなどしなくて済むよう、ウォークインクローゼットに。出し入れしやすいため、とても使い勝手が良いのだとか。

切妻の屋根に、白い漆喰の外壁。シンプルでありながら、素朴で温かみの感じられるH様邸。
一部に貼られた天然石がアクセントに。
のびやかな空間が広がる吹き抜け。

堅牢な造りと繊細な仕上げで念願の音楽室を実現

長い時間家族で過ごすLDKは、日当たりの良い南面に配されています。キッチンは対面石を採用。吊り戸を設けず、より開放感のある空間を目指しました。カウンターは、ダイニングに座っている人からは手元が見えない高さに永山され造られています。メンテナンスのことを考慮し、キッチンの床はタイル敷きに。その他の床は、無垢のバーチ材で仕上げられました。
また、日々の暮らしの中で、家族が自然と顔を合わせ、会話が弾むようにとの配慮から、2階への階段はこのLDKに面して設けられています。こうした細やかな心配りの中で、家族の絆は育まれていくのでしょう。
LDKの隣に配された和室には、竹の網代が使われたりと粋な雰囲気に。3枚の引き戸で仕切られているため、日常は開け放しておくことで、広い空間を楽しむことができるようになっています。
さらにここには、奥様が婚礼箪笥として大切にしている桐に和箪笥が。「結婚する時に両親が用意してくれた大切な箪笥なので、和室に置いておきたかったんです。きちんと収まるようサラダホームさんに寸法を測ってもらいました。こうした細かいことにも丁寧に対応してもらって嬉しかったですね」と奥様。
庭には、ご主人が生まれた時に植えられたというモチの木がご実家から移植され、すっかりこの地に根付いていました。いずれは菜園や花壇を造ったり、ウッドデッキを設置して皆でバーベキューをしたりする予定なのだとか。「庭は主人の両親があれこれ計画を立ててくれているみたいで。モチの木のこともそうですが、いろんな人の思いが寄せられて、この家が造られているんだなと改めて思いました」と、感慨深げなご様子の奥様。
一方ご主人も「サラダホームさんは、家を建てる時に必要なことを、1から10まできちんと教えてくれる。しかも、そこまで教えてくれたのに、絶対ゴリ押しはしない。拍子抜けするくらいですよ(笑)。でもだからこそ、安心してお任せできましたね」と、同社の誠実な対応にとても満足しているご様子です。
サラダホームでは、お客様が資金計画を無理なく立てられるよう、専用のソフトを使用するなどして、わかりやすく説明しています。子育て世代にこそ、安全で安心な住宅が必要なはず。マイホームの夢の実現を、サラダホームでは全力で応援しています。一度ぜひ、ご相談ください。
和室からLDKを臨む。白い漆喰が陽光に反射し、部屋全体を明るくしている。天然素材に包まれたくうかんならではの、くつろいだ雰囲気が印象的。
竹の網代が和の趣き溢れる空間に。
数多くの蔵書を収納できるよう広い空間を確保。
BACK to LIST
ページトップに戻る