施工事例

HOME > 施工事例 > 大分市 S様邸

愛娘の誕生を機にマイホームを実現
大分市 S様邸

防犯面の観点からインターホンは玄関から離れた所に。西側には、通風と採光のため、4つのスリット窓が設けられている。

結婚後、しばらくはアパート暮らしが続いていたというSさんご夫婦。住宅購入のきっかけになったのは、愛娘の亜月(あずき)ちゃんを授かったということだったそうです。
「建築年数は忘れてしまいましたが、とても狭く、何よりカビがすごかったんです。夫婦2人の生活なら我慢もできますが、子どもが生まれたらそうもいかないと思い、住宅購入に踏み切りました」とおっしゃるのは、S家の奥様。当時、友人や知人が次々と家を建てている時でもあったため、いろんなお宅を夫婦で見に行ったのだとか。「そんな中で出会ったのがサラダホームさんでした。住まいづくりに関する会社の考え方や、コンセプトが良いな、と。家族が主役で、家はサラダみたいな名脇役であるべきだ、って」。
マイホームは一生に一度あるかないかの大きな買い物です。できるだけより良いモノを、とついつい無理をしてしまうのも人情ですが、サラダホームでは決してそのようなことはお勧めしません。住宅ローンの返済にあくせくしている日常を送っていては、本来望んでいたような幸せとはいえないからです。住まいはあくまでも、家族の暮らしの器。主役ではなく脇役です。でも、名脇役に仕上げれば、家族の生活はより豊かなものになる。創業以来持ち続けているサラダホームのこの信念から生まれたかけがえのない一棟が、ここに紹介するS邸です。
全体的なデザインは、ご主人のご要望でシンプルモダンに。採光に留意した玄関は、壁や天井、建具まで白一色で統一され、明るく広々とした印象に仕上がっています。リビングに通じている引き戸には細長いスリット窓が施され、よりシャープなイメージに。また、家事動線に配慮し、一見しただけでは出入り口になっているとはきがつかれないようなキッチンへの引き戸も設けられました。買い物帰りでもすぐにキッチンに運び込むことができ、使い勝手も抜群です。

日没後室内に灯りがともると、スタイリッシュな外観が浮かび上がる。
床以外は白で統一。スリット窓から陽光を招き入れる玄関。

土地の欠点を利点に変えて上質な住空間に

家族で過ごすLDKは、日当たりも良く、子どもの様子を窺いながら家事ができるよう、キッチンには対面式を採用しました。「今ではアイランド型キッチンなどもありますが、ダイニングやリビング側からキッチンが丸見えになるよりも、シンク周りなどの手元が見えない高さのカウンターがある方が良いと考え、設計をお願いしました。実際には使いやすいですし、何より私のストレスが少なくて良いですね。」と奥様。
LDKの隣には小上がりの和室を配し、段差で生まれた空間を収納として利用できるよう工夫されています。板の間には現在パソコン等が置かれていますが、将来的には仏壇を置くことも可能。寛げる居間としても、そして時にはお客様をもてなす客間としても大活躍してくれそうなひと部屋となっています。
「そもそもここは取り扱いの難しい土地で、家が建てられるようにするには費用がかかると他社では言われていたんです。でも、サラダホームさんではその問題もうまく解決してくれて。とても助かりました」と奥様。LDKの掃出し窓から外に出るとウッドデッキとタイル貼りのテラスに出合いますが、この絶妙な組み合わせが生まれたのも、サラダホームの設計の妙。無駄なく、ゆとりのある空間の創造で、子育てに最適な住まいを手に入れたSさんご一家です。

家事動線に配慮した間取りと、家族の暮らしに寄り添った最適な広さのLDK。
小上がりの和室からLDKを臨む。
BACK to LIST
ページトップに戻る