施工事例

HOME > 施工事例 > 大分市 S邸

夫婦2人の生活を愉しむ天然素材に包まれたわが家
大分市 S邸

見た目も美しい漆喰は、耐火性・耐久性にも優れている。急勾配の屋根が個性的な外観のS邸。
ガラスブロックや天然石が
漆喰の壁に映えるアプローチ。

当初は、立地条件の良い場所でマンションをお探しだったSさんご夫妻。ところが、希望する広さなどを備えたマンションは、駐車場無しで3000万円台という価格だったそうです。「それなら、妻の実家が所有している土地を譲ってもらい、そこに自分達の好きな家を建てた方が良いのではということになったんです」とご主人。奥様も「通勤には少し不便になりますが、やはり木の家に住みたくて。それで住宅展示場をまわって出合ったのが『無添加住宅』のモデルハウス。私は少しアレルギーがあるのですが、この『無添加住宅』だと空気がきれいなせいか、全然出ない。漆喰の質感も気に入りました」と、『無添加住宅』の良さについて語ってくださいます。
共働きだというご夫婦は、普段はとても忙しい生活を送っています。そんな日常に流されてしまわないよう、家にいる間は極力同じ空間を共有すべく、間取りには細心の配慮がなされました。キッチンは開放的なアイランド型を採用。食器や電化製品をまとめて管理できるよう、収納は作り付けにされています。ご主人の書斎は独立型にせずLDKの一角に設け、ご夫婦それぞれ仕事や家事をしていても、同じ空間にいられるよう配慮。また、道路側からは見えないよう、庭の死角に洗濯物干場を設置。屋根も設け、動線を考慮した使い勝手の良い間取りになっています。
一方、リビングには吹き抜けを採用し、より開放的な空間を演出しています。壁は漆喰、床には無垢のカバ材を採用。隣に配した和室の引き戸には竹の網代を用いるなど、天然素材に包まれ、癒しの空間になっています。また、和室の上部はファミリールームにし、天井からはハンモックを吊るすなど、2人の生活を存分に愉しめる住まいになっています。
家造りは今後の生活を大きく左右するもの。将来を見通した計画が必要です。サラダホームでは、ファイナンシャルプランナー並みの人生設計を相談できるソフトなどを取り揃え、どの時期に、どのくらいの予算で、どういうローンを組めば良いかなど、自分達に合った答えが得られます。一度気軽にご相談ください。

おおらかで素朴な空間が広がる吹き抜けのリビング。
キッチンからは部屋全体が見渡せる。腰掛ける高さに設えた和室も好評。
使い方次第で暮らしの幅も広がるファミリールーム。
BACK to LIST
ページトップに戻る