HOME > コラム > 家を建てる > 快適な住まいを実現する断熱施工とは!?重要なポイントまで解説します!

快適な住まいを実現する断熱施工とは!?重要なポイントまで解説します!

WRITER 荒木 宗誠

2024/06/30

はじめに

現代の住まいにおいて、断熱施工は快適な生活や節電を高めるために欠かせない存在となっています。適切な断熱施工を行うことで、季節に関わらず快適な室内環境をたもち、省エネにも繋がります。今回は、断熱施工の基本的な役割について詳しく解説します。

断熱施工とは?

断熱施工は、外部の気温の影響を受けにくくし、室内温度を一定に保つための重要な方法です。これにより、冷暖房の効率が向上し、節電をすることができます。さらに、結露を防止することで、建物の耐久性をより高める効果もあります。

断熱材の種類

断熱材には、グラスウール、ポリスチレンフォーム、ウレタンフォーム、セルロースファイバーなどがあり、それぞれ特性が異なります。選定にあたっては、耐火性や施工性、コストなどを考慮する必要があります。

断熱工法の種類

断熱施工には、充填断熱と外張り断熱の二つの主な工法があります。充填断熱は壁の内側に断熱材を充填する方法で、リフォームにも適しています。外張り断熱は建物の外側に断熱材を張る方法で、高い断熱性能を発揮します。

断熱施工のポイントと効果

施工のポイント

断熱施工には、断熱するラインの確保、気密性・防湿性への配慮など、様々なことが重要となってきます。断熱材を隙間なく施工し、気密シートや防湿シートを併用することで、湿気の侵入を防ぎます。また、よく袋のまま断熱材を使用する施工もありますが写真のように、重さで隙間が発生するおそれがあります。

効果

断熱施工には多くの効果があり、適切な断熱施工により室内温度が安定し、快適な環境が保たれ、冷暖房の節電にもなります。さらに、断熱材が湿気を遮断することで、結露を防ぎ、お家の劣化を防止します。

断熱施工の注意点

品質の確保

断熱効果を最大限に引き出すためには、施工品質が重要です。熟練した技術者による丁寧な施工が求められます。また、高性能な断熱材はコストが高くなる傾向があります。性能とコストのバランスを考え、最適な断熱材を選ぶことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はより快適なお家づくりに欠かせない、断熱についてお話をさせていただきました。断熱施工は家族が過ごしやすい環境を作ることにおいて重要なポイントでもありますが、お家を長く保つためにも重要な役割を果たしてくれます。SAKAIではそういった構造を実際に見て学べる体感型ショールームもございます。もっとお家づくりについて知りたい方はぜひ、大分の中戸次にある工務店、SAKAI株式会社にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

体感型ショールームの詳細はこちら

閉じる