サラダトーク

HOME > サラダトーク > 生涯を快適に暮らす平屋づくりの住まい

生涯を快適に暮らす平屋づくりの住まい。思い描いたのは、こぢんまりとしたあたたかい家。いつでも家族の笑顔がそばにあってゆっくり暮らしを楽しむ住まい。ここに家族のステージが整いました。

リビング

和室

玄関

トイレ

子ども部屋

外構

インタビュー

年月を重ねるほどに深まる味わいご家族と信頼を結ぶ住まいづくり
黒い屋根に白い外観。シンプルさを際立たせたシックな佇まいを見せる平屋づくりのO様邸。ゆったりと広い敷地を生かし、十分な駐車スペースも確保したゆとりの住まいが完成しています。
中学3年生の息子さんと2年生の娘さんがそれぞれに大きくなられたこと、前に住まれていたアパートが狭くなったこともあり、お子さんたちにも個室のある住まいを建てようと決心されたご夫婦。「サラダホームさんのホームページを見て、資料を請求したときに送ってもらった資料セットがすごくわかりやすかったんですね。住まいづくりのことから資金計画や返済についても詳しく説明されていて、それが“自分たちが家を建てる”という具体的なイメージにつながったのが大きかったんです」と奥様。そこで無添加住宅のモデルハウスを見学することに。「これまでのハウスメーカーの印象とは違って、クロスじゃない漆喰の壁や木のあたたかみがある住まいづくりがとても新鮮で、こんな家に暮らせたらいいなぁって。担当してくださったスタッフの方も、どんなふうに暮らしたいか、すぐに図面や絵に起こしてくれて。サラダホームさんなら、安心して私たちの住まいづくりを任せられると思ったんです」
収納にこだわったシューズクロークお気に入りのインテリアが映えるリビング
いちばんは階段の上り下りがない平屋づくりであること、そしていつでも家族の顔が見えるような“こぢんまりしたあたたかい家”をご希望されていたご夫婦。あえて廊下は作らず、すべてが短い動線でスムーズに移動できるよう配慮された平屋づくりは、暮らしやすさに重点を置いた住まいづくりとなっていました。
まずは収納にこだわった玄関ホールへ。壁を目隠しにしたシューズクロークは、可動式のオープン棚がそれぞれに大きさの違う家族の靴をたっぷり収納。ご主人のゴルフバッグや息子さんのスポーツ用品など、細々としたモノや大きな荷物を置く場所としても重宝しているのだそう。お客様を迎えるホールとは別に家族専用の上り口を設けたことで、オモテに家族の靴が散らかることもなく、いつでもすっきりと片付けることができます。ホールから左手に向かうと、お客様をおもてなしする落ち着いた和室を配置。ポイントになったのは、押入れを浮かせるように床面から余白の空間を持たせた“吊り押入れ”。琉球畳からさらに奥行が広がり、実際以上のゆとりを生んでいます。
そして生活の中心となるLDKへ。やわらかな印象を受けるのは、竹材のバンブーフロアと白い漆喰の壁の組み合わせ。味わいのある家具作家のローテーブルやダイニングのイスは、奥様が選んだカリモクのソファにあわせてコーディネートしました。
リビングから出入りをするそれぞれの子ども室は、「子どもたちが帰ってくるときや出かけるとき、かならず顔を見て声がかけられるようにしたかった」という奥様のご希望から。またご夫婦の寝室はリビングの庭側にあり、ウッドデッキとつながりを持たせたことで、デッキから行き来することも。「日向ぼっこもできて気持ちいい」デッキはご主人のお気に入りです。
目を引くのは、壁面にすっぽりと収まった作り付けのパソコンコーナー。ダイニングテーブルと色をあわせたコーナーは、通りやすいようカウンターの角を斜めに切り、本や雑貨を並べる棚も大工さんの手作りで設けられました。
使い勝手を高めたL字型のキッチン。効率のよい家事動線が魅力の住まい
リビングの広さを確保するために配したのは、オリジナルのカウンターとダイニングテーブルを一体化させたL字型のキッチン。お料理をする奥様との距離も近く、食事の配膳や片付けにもご家族がサッと立ってお手伝いすることができます。またコンパクトなL字型にすることで奥様の作業がしやすく、使い勝手のよさを高めているのもポイント。「家族と並んで立つのもきゅうくつにならないし、わが家にとっては狭すぎず、広すぎずちょうどいいサイズ。もともと使っていた家具もそのまま置けるようにしてもらったから、なにも買い足さなくてすみました」と奥様。さらにキッチンから動線を短く結んだ洗面・浴室は、空間を有効活用し移動もスムーズ。
勝手口のある洗面・浴室は、野球をされている息子さんが室内に泥を落とさず、そのまま洗濯機とお風呂に直行できるので助かっているのだそう。もちろん、買い物の荷物も勝手口からキッチンに運び入れるのに便利です。
「気がついたらいつのまにかみんなリビングやダイニングにいて、一緒に過ごす時間が長くなりました。どこかに出かけるよりも、家で寛ぐことが多くなりました」と笑顔のご夫婦。伸びやかに広がるウッドデッキを眺めながら、陽のあたるリビングで家族の時間を楽しまれているO様邸でした。

サラダの家を本当に大切に住んでいただいているのが
とても伝わってきます。
これからも末永くよろしくお願いします。

サラダホーム スタッフ一同

ページトップに戻る