大分の工務店サラダホーム サラダトーク

HOME > サラダトーク > 暮らすほどに深まる味わい愛着を育む和モダンの家

大分の工務店サラダホームの注文住宅 暮らすほどに深まる味わい愛着を育む和モダンの家

大分の工務店サラダホーム リビングの施工事例

別府市の和モダンの住まいのリビングダイニング

大分の工務店サラダホーム 玄関の施工事例

別府市の和モダンの住まいの玄関

大分の工務店サラダホーム 洗面室の施工事例

別府市の和モダンの住まいの洗面化粧台

大分の工務店サラダホーム 和室の施工事例

別府市の和モダンの住まいの和室

大分の工務店サラダホーム 外構の施工事例

別府市の和モダンの住まいの外構

大分の工務店サラダホームインタビュー「サラダトーク」

“いいとこ取り”の住まい選び。会話が弾むキッチンとダイニングはお気に入りの場所に
クラシカルな雰囲気のリビング訪れたのは、白を基調にしたシックな外観がまちの景色にそっと馴染むS様邸。「家を建てるなら、子どもたちと一緒に成長する“我が家”が欲しかったんです」とご夫婦。そんなおふたりがサラダホームを知ったのは、インターネットのホームページをご覧になってから。「家を建てる参考に、家づくりのノウハウがたくさん詰まった小冊子を送付してもらったのがいちばん最初。それから小冊子もしっかり読んで(笑)実際にサラダホームで家を建てた方の完成見学会にも行ったんですが、センスもあって、すごく暮らしやすそうな“いい家”だったんですね。家を建てる側からすれば、大まかに分けて大手ハウスメーカーか地元工務店のどちらかになると思うんですけど、サラダホームは確かな品質と私たちの予算にあわせたプランを提案してくれる。まさに大手と工務店の“いいとこ取り”で、建てるならサラダホームしかないと決めたんです」と笑うのは、生涯の住まいづくりにしっかりと計画を立てられたご主人。また家を建てるのが夢だった奥様にとって、思い描いていた間取りやアイデアを実現できる柔軟な住まいづくりは、理想そのものだったのだそう。そして、永く暮らすにふさわしい“和モダン”をテーマにしたS様邸が完成しました。

まずメインとなったのは、ご家族がゆっくり寛ぐ広いリビング。落ち着いた濃い色合いの無垢の床と色をあわせた建具や梁が、どこかクラシカルな雰囲気を漂わせています。さらにリビングとつながりを持たせた和室は、一段と高さを持たせて特別な場所に。ちょこんと腰をかけるのもちょうどよく、お昼寝やお子さんの遊び場としても活用しています。また高さのある床下を収納スペースに利用したのはご夫婦のアイデアから。収納スペースを増やすことで居住空間の広がりを高めています。

そして奥様がこだわったのは、リビングからの視線をさりげなく遮りつつ、広々と使える対面式キッチンと居心地のいいダイニング。キッチンの背面には食器棚がわりになる壁一面の壁面収納を設け、食器類や電化製品など1ヶ所にまとめてスッキリ収納。チェッカーガラスの引き戸は壁面にあわせて作ったサラダホームのオリジナル建具です。「友だちが遊びに来ても引き戸を閉めれば目隠しにもなるし、電子レンジや炊飯器を使うときには開け放して食事の準備ができるのが便利。奥行があるので、ふだん使いの食器もたっぷり収納できるんです」と奥様。またダイニングテーブルを囲むオーダーメイドのベンチシートは、ご家族だけでなくお友だちがたくさん来てもゆったり座れるのがお気に入り。あえて天井を低く抑えた居心地のいい空間が、楽しいおしゃべりのひとときを演出しています。

ゆっくり寛ぐ、もうひとつの空間。家族の時間を刻む、しあわせな住まいづくり
小さな図書館のように並んだ作り付けの本棚スペース訪れたときは4歳になる女の子と、もうじき新しい家族を迎えられるS様ご夫婦。「子どもたちがこの家で育って、ここが“我が家”だなって愛着を感じてもらえたら嬉しい。そして将来、私たちがふたり暮らしになっても、子どもたちがそれぞれに家族を連れて帰ってきたときの居場所を作ってあげたかったんです」。そんなご夫婦のご希望は、2階に配したそれぞれの子ども室と寝室、そして大きなテーブルと作り付けの本棚を設けた多目的スペースという空間で実現することに。「イメージしたのは、どこか懐かしいレトロな喫茶室。2階でもゆっくり寛げる場所を作りたかったんですね。もちろん、もう少し子どもたちが大きくなったら、学校の宿題を広げたり、お友だちと一緒に本を読んだり。子ども室にこもらず、みんなで過ごせるような空間にしたかったんです」と奥様。奥行のある窓辺やアンティークな照明、座り心地のいいソファとまるで小さな図書館のようにずらりと並んだ作り付けの本棚が、まさに懐かしい喫茶店を思わせる空間を演出しています。

また、ゆったりとゆとりを持たせた多目的スペースの一角にモザイクタイルをあしらった洗面台を設けたのは、女の子のお子さんが2階でも身支度ができるよう配慮した心くばりに。青い鳥が描かれた可愛い陶器の洗面ボウルが多目的スペースのアクセントとしても映えています。

「無垢の床も、漆喰の壁も、長く暮らすほどに色が変わったり、キズが増えたり(笑)住まいづくりをしているとき、サラダホームのスタッフさんから『この家が完成するのは30年後。住めば住むほど味わいが深まって、ご家族の成長にあわせてどんどん変化していく。お引渡しするときが完成ではなく、暮らしが馴染んだ30年後、ようやくサラダホームが本当に提供したい家が完成するんです』というお話を聞いて、サラダホームを選んで間違いがなかったなと感じたんですね。そんなふうに想われている家づくりができるのは幸せなことだし、私たちも30年後の“我が家”が楽しみなんです」とご主人。そして、ご家族で交わされる『ただいま』と『おかえり』の声があたたかく響く住まいが誕生していました。

大分県別府市で注文住宅を建てられたお施主様 S様・ご家族様

これからも末永くよろしくお願いします。

サラダホーム スタッフ一同

ページトップに戻る