大分の工務店サラダホーム サラダトーク

HOME > サラダトーク > 住まいはもっと楽しくなる自分らしく暮らす我が家

大分の工務店サラダホームの注文住宅 住まいはもっと楽しくなる自分らしく暮らす我が家

大分の工務店サラダホームの注文住宅 施工事例

家の中心ウッドデッキ|国東市注文住宅施工事例

家の中心にあるウッドデッキ。
1階のどの部屋からも見える。

ウッドデッキ|国東市注文住宅施工事例

玄関へ入って正面のFIX窓越しに
見えるウッドデッキ

リビングダイニング|国東市注文住宅施工事例

採光たっぷりのリビングダイニング。
飾り棚のモザイクタイルはオリジナル。

リビングから二階へ|国東市注文住宅施工事例

リビングからプライベートスペースの2階につながる

普段使いできるよう配慮した和室|国東市注文住宅施工事例

モノトーンの畳を使い、
普段使いできるよう配慮した和室

開放感のある玄関|国東市注文住宅施工事例

明るく開放感のある玄関が
お客様を気持ちよく招き入れる

大分の工務店サラダホームインタビュー「サラダトーク」

住まいづくりにベストな選択を自由設計ならではの豊富なアイデアと発想力が魅力
 訪れたのは昨年1月に完成したK様邸。ご主人のご実家がある敷地内にあり、真っ白な外壁にスクエアなスタイルが印象的な住まいです。現在、もうすぐ4歳になる男の子と1歳の女の子のお子さんがいらっしゃるご夫婦。「いつか我が家を」と思い描き、お子さんたちがのびのびと育つ環境を求めて住まいづくりを決心されました。

 
「実は、違うハウスメーカーで住まいづくりを進めていたんですが、どうしても制約があって自分たちの思い通りの住まいにならなかったんですね。それで、もういちど見直そうと訪ねたのがサラダホームさん。そのとき担当してくれた内藤さんが見積もりといった具体的な話はもちろん、設計も内藤さんがされているので、その場で「こんな家を建てたい」という私たちの思いがダイレクトに伝わる。図案もいろいろ出してくれて、自由設計ならではのアイデアがとても豊富だったんですね。
なによりコストを抑えるためにクオリティを下げるのではなく、自分たちの住まいづくりにとってベストな選択を総予算のなかで提案してくれる。「できない」んだったら、「どうできるか」。メリットやデメリットも含めて、一つひとつ丁寧に説明してくれるサラダホームさんの誠実な姿勢に、ここなら間違いないと確信したんです」とご主人。財産として残せる長期優良住宅に対応した住まいであることも、サラダホームを選んだ大きな理由のひとつでした。
そして完成したK様邸は、ご夫婦の思いをふんだんに織り込みながらオンリーワンの住まいに。一生の住まいづくりを最後まであきらめなかったご夫婦に満足の笑顔が広がっていました。

「ほかにはない、自分たちらしいスタイル」が住まいづくりのテーマとなったK様邸。そのこだわりは間取りにも生かされることに。住まいに光と風を取り込むウッドデッキをコの字型に囲み、1階に開いたどの空間にもウッドデッキを通して奥行と広がりが生まれています。

暮らしにゆとりと遊びこころをプラス。住まいの真ん中にウッドデッキが開く家
坪庭の緑を眺めながら廊下を進むと、暮らしの中心となるリビングダイニングまずK様邸の住まいづくりでポイントとなったのは、お客様を気持ちよく迎える玄関ホール。外観の印象をそのままに白い玄関ドアを開くと、目の前に広がるのは壁一面の大きなFIX窓。さらに視線はその向こうに広がるウッドデッキへと伸び、フロアも白で統一した玄関ホールに抜けるような奥行が生まれています。
そしてお子さんたちの元気な声が聞こえるリビングダイニングに足を進めると、木のあたたかさと漆喰の壁が心地よく包むナチュラルな空間が展開。「新しいおうちになって、走り回れるのが嬉しいみたい(笑)。仕切りがないから、いつも追いかけっこして遊んでいるんですよ」と笑う奥様。外に開かれたウッドデッキとつながりを持たせることで、より大きな開放感が生まれています。

リビングダイニングに新鮮な印象を与えているのは、深い紺色のクロスを背面にした対面式キッチン。白い漆喰の壁を引き立てるクロスがLDKに豊かな表情を生んでいます。
また奥様がこだわったのは、『見せつつ隠す』キッチン。「ダイニングからキッチンの裏側を見せないよう高さのあるカウンターを設けたのも、生活感のあるキャビネットやシンクの手元を見せたくなかったから。日ごろは開け放して使っているパントリーがわりの壁面収納も、お友だちが遊びに来たときにはロールカーテンをサッと下げて目隠しに。棚の奥行も取り出しやすい幅にして、ストックの食品やモノを仕舞い込むことがないんです。そんな細かい目配りやアイデアも内藤さんが提案してくれました」。青いモザイクタイルをアクセントにしたカウンターの可愛いニッチも奥様のお気に入りです。
またお子さんのお昼寝や遊び場所としても広く使える和室を、奥様の目が届きやすいキッチン横に配置。モダンな和室を演出する市松模様に配したタタミはご主人のご希望から。ダイニングとの仕切りになる大きな一枚扉の引き戸はサラダホームのオリジナル建具です。

2階は子ども室、寝室を設けたプライベートな空間に。注目すべきは、ハンモックとブランコが揺れる楽しそうな子ども室。「ハンモックとブランコがあるおうちに憧れがあって、サラダホームさんにワガママを言って叶えてもらいました(笑)。もちろん吊り下げる天井にはサラダホームさんがしっかり補強の下地を入れてくれたので、大人が乗っても大丈夫!子どもたちはもちろん、88歳になるおばあちゃんもハンモックに乗ってみて「これ、楽しいわね」って(笑)。ハンモックを外せば洗濯ポールを掛けられるので室内干しにも利用できるんです」と嬉しそうな奥様。現在はお子さんたちが小さいこともあり、プレイルームやランドリールームとして大活躍。2ドアを設けた子ども室は、将来2部屋として使うことも配慮されています。

住まいゆとりと遊び心を取り入れながら、まいにちを新鮮に暮らすK様邸。「ウッドデッキでバーベキューを楽しんだり、縁側のように腰をかけて両親やご近所の方をお茶に誘ったり。庭で遊ぶ子どもたちの様子も見守ってくれて、気軽に声をかけあえる我が家になりました」とご夫婦。住まいのまんなかにウッドデッキを開き、外に向かって開かれたK様邸は、ご家族のゆるやかな交流を育む風通しのよい住まいが生まれていました。

大分県豊後高田市で注文住宅を建てられたお施主様 K様・ご家族様

これからも末永くよろしくお願いします。

サラダホーム スタッフ一同

ページトップに戻る