大分の工務店サラダホーム サラダトーク

HOME > サラダトーク > シンプルに、心地よく自分たちらしく暮らす家

大分の工務店サラダホームの注文住宅 シンプルに、心地よく自分たちらしく暮らす家|大分の注文住宅工務店サラダホーム オーナーズトーク【サラダトーク】

サラダトーク|大分市の注文住宅工務店サラダホームの施工事例

青空に映える白い漆喰の外壁がまぶしい。片流れ屋根のシンプルな佇まいながら落ち着きを感じさせるM邸|大分市の工務店サラダホームのサラダトーク

青空に映える白い漆喰の外壁がまぶしい。片流れ屋根のシンプルな佇まいながら落ち着きを感じさせるM邸

アプローチ脇にはこだわりの濃緑色のポストを設置|大分市の工務店サラダホームのサラダトーク

アプローチ脇にはこだわりの濃緑色のポストを設置

手入れの行き届いた芝生が敷き詰められている|大分市の工務店サラダホームのサラダトーク

手入れの行き届いた芝生が敷き詰められている

外壁同様、室内も白い漆喰で統一。落ち着いた色合いの無垢の床や化粧梁、建具などでセンス良くまとめられている|大分市の工務店サラダホームのサラダトーク

外壁同様、室内も白い漆喰で統一。落ち着いた色合いの無垢の床や化粧梁、建具などでセンス良くまとめられている

2階ホールに設置された作り付けの本棚と書斎|大分市の工務店サラダホームのサラダトーク

2階ホールに設置された作り付けの本棚と書斎

大分の工務店サラダホームインタビュー「サラダトーク」

住まいづくりから土地さがしまで、すべてをワンストップに。ふたりの思いをカタチにする瑞々しい住まい。|大分の注文住宅工務店サラダホーム オーナーズトーク【サラダトーク】
玄関からひとつながりになったシューズクローク、土間、趣味の全てをかなえたご主人リクエストのスペース。|大分の注文住宅工務店サラダホーム オーナーズトーク【サラダトーク】

坂井建設の本社から、ゆっくり歩いて5分ほど。「土地といっしょに住まいづくりをしてくれるハウスメーカーを探していて、訪ねたのがサラダホームさん。営業の方に『ちょうど今、いい土地がありますよ』と案内されたのが、この場所だったんです」と笑うのはMさんご夫婦。奥様の地元でもあり、通りから外れた静かな住宅地に新居を構えたのは1年ほど前。「ちょっと見てみるつもりが、ここがいいね!とその場で決めて(笑)。いい土地に巡り会えたことも、タイミングがよかったんだと思います」。

おふたりが我が家を考え始めたきっかけは、友人の新築祝いに鹿児島まで足を運んだときのこと。「新しい家はもちろん、庭が広くて、仲間がわいわい集まってBBQをしたのがすごく楽しかったんですね。そのとき、私たちもこんなふうに暮らせたらと思うようになったんです」。そしていちばん最初に訪れた展示場がサラダホームだったのだそう。「なにより惹かれたのは、白い漆喰の壁と落ち着いた木の住まいづくり。スタッフが同世代ということもあって何でも話しやすく、住まいづくりもスムーズに進みました」とご夫婦。そんなおふたりの思いをカタチにした瑞々しい住まいはサラダホームが叶えることとなりました。

まず、住まいづくりでご希望されたのはシンプルで暮らしやすい家。玄関ドアを開くと、ゆったりと横に広がりを見せるモルタル仕上げの玄関土間が展開。オープンシェルフに整然と並んだ靴をそのままに見せるシューズクローゼットは奥へと続き、ご主人のロードバイクが置かれた小さな空間は家のなかでもトレーニングができるよう、ご主人のリクエストから設けられました。
また上り口を広く取りながらもシューズクローゼットのさりげない目隠しとなった壁には手洗いコーナーを配置。オモテには見せず、使い勝手のいいコンパクトにまとめた半円の陶器ボウルとアンティーク調の水栓はおふたりで選びました。

木のぬくもりと白い漆喰の壁に包まれるシンプルな暮らしが映える住まいづくり。|大分の注文住宅工務店サラダホーム オーナーズトーク【サラダトーク】
リビング脇に設置された小上がりの畳スペースは寛ぎをもたらしてくれる。|大分の注文住宅工務店サラダホーム オーナーズトーク【サラダトーク】

「なるべくモノは増やさず、すっきり暮らしたかったんです」とリビングに案内してくださったのは奥様。白い漆喰の壁にあわせた味わいのある深いブラウンの床はパイン材を選び、リビングからダイニング、さらには対面式キッチンがワンフロアに広がる空間はシンプルに整えられています。また床の色にあわせたテレビボードとキャビネット、サッと掛けやすいハンガーラックはご主人のDIYなのだそう。「もともと父がモノづくりが好きで、その影響も大きかったんですね。自分で作ればサイズも合わせられるし、好きなデザインにできるのもDIYの魅力なんです」とご主人。リビングの雰囲気にあわせて造られた家具は、まるでプロの仕上がりです。さらにリビングの一角には床下を収納スペースに利用した2畳ほどのタタミコーナーを配置。おふたりの趣味でもあるカメラをディスプレイしたスペースはパソコンコーナーとしても活用し、足を伸ばしてゆっくり寛げる場所にも。「ごろりと寝転んだり、パソコンで作業をしたり。手の届くこぢんまりさが、ちょうどいいんです(笑)」。

そしてリビング・ダイニングを見渡せる対面式キッチンは奥様のお気に入りの場所に。ダストボックスや細々とした生活用品は奥に設けたパントリーに収納し、リビングから目にとまるオープンシェルフにはお気に入りのコーヒーセットやシンプルなデザインの食器類を並べて、生活感をオモテに出さない奥様のセンスが光っています。

おふたりがこだわったのは、リビングに気持ちいい風を招くウッドデッキ。日差しや雨をよけるオーニング付きのウッドデッキは、そのまま洗面室・浴室にも出入りできる入口を設け、キッチンへもぐるりと回れるよう繋がりを持たせた動線はご夫婦からのリクエストでした。「サーフィンもしているので、帰ってきたときに玄関を通らず、直接浴室に行けるようにしたかったんですね。ウッドデッキは庭でBBQをするのも楽しいし、秋には七輪を持ち出してサンマを焼いても(笑)。ウッドデッキも家のなかのひとつの空間として取り込むことが我が家の理想だったんです」とご主人。その心地よさは、大きな窓を開け放してリビングと繋がる開放感を生んでいます。

さらにリビングからそのまま階段を上がると2階へ。2ドアを設けた大きな空間は、将来、子ども室として2部屋にもなるよう配置。そこから寝室へと繋がる2階フロアは壁面に本棚を設けてご主人の愛蔵書を収納。本棚の壁を仕切りにした作り付けの机と照明を備えた小さなスペースは、ご主人の書斎としても。ベランダからの陽あたりもよく、ゆとりを持たせた広さは多目的な空間として活躍しそうです。

好きなモノだけを選んで自分たちらしく暮らすこと。「気づけば、それぞれに違うことをしながら同じ空間で過ごしているんですね。私たちにとって居心地のいい場所だからこそ、前より一緒にいる時間が増えました」と、ふたりを遮るもののないリビングで満足そうに微笑むご夫婦でした。

これからも末永くよろしくお願いします。

サラダホーム スタッフ一同

サラダホームページトップに戻る