サラダホーム produced by SAKAI

FOLLOW US
サラダホームのFacebook サラダホームのinstagram

注文住宅で後悔しないキッチン選びのポイントを紹介!
キッチン選びでよくある失敗実例から見る注意したいポイントとは?2022.06.18

希望のお風呂やトイレ、キッチンなどを選べるのが注文住宅の醍醐味です。
とくにキッチンは住宅設備の中でもたくさんのこだわりを入れられる場所といえるでしょう。

ただ、どのようなキッチンを選べばよいのか、選ぶときのポイントがわからないという方も少なくありません。

そこで、今回の家づくりコラムでは大分県で注文住宅を得意としているSAKAI株式会社・サラダホームが「後悔しないキッチン選び」をテーマにポイントや注意点を紹介します。

注文住宅ではキッチン選びが重要

注文住宅ではキッチン選びが重要

注文住宅では間取りやインテリア、住宅設備などを自由に決められます。

そんな夢と希望がたくさん詰まった注文住宅ですが、キッチン選びが非常に重要と考えられています。
というのも、お風呂やトイレ、キッチンなどの住宅設備の中で最も多くの時間を過ごす場所と言われているのです。

とくにリモートワークの普及により、おうち時間が増えたことでキッチンに居る時間も増えたのではないでしょうか。

快適な暮らしを送るにはキッチン選びが大切だといえるでしょう。

キッチンの5つのスタイル

キッチンの5つのスタイル

キッチン選びを進める上で、まず検討したいのはキッチンのスタイルです。

キッチンのスタイルは大きく分けて5種類あり、使い勝手や希望に合わせて選ぶのがよいでしょう。

1.I型キッチン

I型キッチンは注文住宅でも幅広く採用されており、使い勝手のよいキッチンといえるでしょう。

コンロからシンクまでが一列で並んでいるので、キッチンに広さが取れなくても家事がしやすいというメリットがあります。

さらに、キッチンでの作業や生活感を隠せるのもI型キッチンの特徴といえるでしょう。

2.L型キッチン

L型キッチンはI型キッチンと比べて移動の距離が減るので家事が楽になるメリットがあります。

さらに、I型キッチンよりもキッチン自体が大きくなるのでLDKの中でも存在感があるといえるでしょう。

3.アイランドキッチン

アイランドキッチンはキッチン自体が独立してレイアウトされたスタイルです。
オープンキッチンといえばアイランドキッチンと言われるくらいオープンキッチンの代表的な存在といえるでしょう。

広々とした天板にはさまざまな調理家電や調理器具を置くことができるので、料理好きにはたまらないキッチンスタイルです。

また、アイランドキッチンも見せるキッチンとして選ばれる方も多く、インテリアの一部としてしっかりと溶け込んでくれます。

4.ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンとの違いはキッチンの左右どちらかに壁があるかどうかです。

ペニンシュラキッチンには片側に壁があるので、アイランドキッチンよりも省スペースで設置できるのが特徴といえるでしょう。

また、レイアウト次第ではアイランドキッチンと同様に回遊動線を確保できるので、使い勝手がよいキッチンスタイルになります。

5.セパレートキッチン

セパレートキッチンはII型キッチンとも呼ばれており、コンロとシンクが分かれているキッチンスタイルです。

キッチン自体のスペースが非常に広いのでこどもと一緒に料理しやすいというメリットがあります。

複数でお料理される方には非常におすすめのキッチンスタイルといえるでしょう。

注文住宅で後悔しないキッチンの選び方

注文住宅で後悔しないキッチンの選び方

キッチン選びではスタイル以外にもしっかりと検討したいポイントがあります。

家事動線を意識

I型キッチンやペニンシュラキッチン、アイランドキッチンなど、スタイルによって家事動線が異なります。
たとえばアイランドキッチンやペニンシュラキッチンの場合、回遊動線を確保できるのが特徴です。

一方、I型キッチンの場合はキッチンへの入り口が一つになります。ただ、片側に勝手口を設置する場合も多く、買い物から帰ってきたときに荷物の出し入れがしやすいというメリットもあります。

キッチンを選ぶ際は普段の生活の仕方と照らし合わせて動線をシミュレーションしながら決めることがポイントです。

収納スペースを確保

食器類やキッチン周りの日用品の収納スペースについても考えなければなりません。

また、ライフスタイルの変化とともに、使用する調理器具や調理家電なども変わってくるでしょう。
そのため、今の収納スペースよりも大きめの広さを確保しておいたほうがよいでしょう。

お手入れのしやすさ

キッチンメーカーからさまざまな機能が備わったキッチンが発売されています。

とくにレンジフードやコンロ、IHのお掃除が楽なキッチンが増えてきているので、自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。
さらに、シンクや排水溝のお手入れが簡単なものもあります。

キッチンの高さ

キッチンの高さは使い勝手に大きく影響するところなので、適切な高さを選びましょう。

ほとんどのキッチンメーカーではキッチンの高さを「身長÷2+5cm」という計算式を推奨しています。

たとえば155cmの方であれば82.5cmが推奨の高さです。

もちろん、この計算式を参考にしてキッチンを選ぶのもよいのですが、実際は別の方法で検討したほうがよいでしょう。

というのも、キッチンメーカーの計算式はすべての体形の方にフィットするとは限らないのです。
同じ身長であっても体形が異なると、適切なキッチンの高さが異なります。

そのため、キッチンの高さを選ぶときは「肘高-10~15cm」がおすすめです。

キッチン選びでよくある失敗

キッチン選びでよくある失敗

注文住宅でキッチンを決めてしまうと、簡単に変えることはできません。
もちろん、リフォームすれば形状や種類、高さなどを変えることは可能ですが、大掛かりな工事が必要となり費用も高額になってしまいます。

そのため、後悔しないキッチン選びが重要なのです。

ここでは、キッチン選びでよくある失敗を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

使い勝手が悪い

おしゃれなキッチンにこだわりすぎて、使い勝手が悪くなってしまったという声も少なくありません。レイアウトによってはインテリアの一部になるキッチンですが、おしゃれさを重視するあまり、肝心の使い勝手が悪くなってしまうこともあるでしょう。

キッチンを選ぶ際はあくまでも使い勝手を優先的に検討することが大切です。
また、最近は見た目がおしゃれなキッチンも多く出てきているので、使い勝手とおしゃれさのバランスが取れた商品を選ぶとよいでしょう。

生活感が丸見え

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンの場合、リビングスペースからキッチンが丸見えになってしまいます。そのため生活感が丸見えになってしまって後悔したという声もあります。ただ、収納スペースをしっかりと確保していれば、料理するたびに調理家電や調理器具を片付けられるので見た目を損なわないでしょう。

キッチン選びに迷ったら?

キッチン選びに迷ったら?

今回は後悔しないキッチン選びをテーマにキッチンスタイルや選ぶ際のポイント、さらによくある失敗例を紹介しました。キッチン選びに迷った場合は、注文住宅や建売住宅などの見学会などを訪れてみるのもひとつの手かもしれません。

サラダホームではご要望に合わせてキッチンをご提案させていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

大分の注文住宅工務店サラダホームの資料請求背景

SALADBOX PRESENT「サラダBOX」無料プレゼント

ホームページからご応募いただいた方のみにプレゼントしている限定セットです。

大分の注文住宅工務店サラダホームの資料請求BOX
電話する 資料請求 お問い合わせ SAKAIの分譲