家づくりQ&A

HOME > 家づくりQ&A

お客様より寄せられた質問をまとめました。

新築について

質問
木造住宅の耐震性能ってどうなの?
答え

耐震と聞いたときに何を思い浮かべますか?

地震によって家が倒壊しないように揺れを抑える「制震構造」、揺れの力を小さくしてしまう「免震構造」、揺れても壊れない構造にする「耐震構造」などの区別があります。

制震構造と免震構造は似ているようにも思われますが違いがあります。

制震構造の考え方は揺れを押さえるという考えの下で壁の中などに鉄骨などで造られた制震装置を取り付けます。

外から見ても何も変わりませんが地震が来たときにはこの壁ががっちりと揺れを防いでくれるという仕組みです。

免震構造の考え方は文字通り、揺れを免れる、地震のエネルギー(揺れ)を吸収して、建物に伝えないようにする装置が取り付けられた構造の家です。

家と基礎との間、土台の部分にボールベアリングや積層ゴムなどを取り付けて地震の揺れを逃がす免震装置を作っています。

この二つの構造には仕掛けや仕組みが必要となり、費用もかかります。

しかし、大手ハウスメーカーが開発して宣伝すると多少高くても皆さん取付を希望されるので不思議ですね。

では、耐震構造とは?

最近よく聞かれる直下率という言葉をご存知ですか?

一階の柱の位置と二階の柱の位置を合わせる。

一階の耐力壁と二階の耐力壁の位置を合わせる。

というのが直下率についての考え方です。

こうすることで地震による揺れを1.2階同じ方向に受け止め、建物に無理な力をかけないことによって損傷を防ぎます。

また、建物の構造躯体と筋交いなどの耐震に必要な部分を補強金物を利用してがっちりと固定させ、揺れによるズレも防ぐようになっています。

しかし、耐震構造については建物を揺れることに強い構造にしているので建物内部の家具などは転倒の危険があります。

タンスや食器棚、本棚などはきちんと固定をしましょう。

地震大国と言われる日本ではどこに住んでいても大きな地震に遭遇する確率は低くありません。

建てたばかりの家を地震によって失う人も少なくありません。

また、家屋の倒壊や家具の転倒による圧死の危険性。阪神淡路大震災時には火災による死者も多く出ました。

あれから16年。

そのときの教訓を生かして、地震で犠牲になる人をひとりでも減らすことのできるような家造りをする必要があると思います。

質問
フラット35のメリットは何?
答え

住宅ローンを組んで家造りをする場合、多くの方が期間を35年で計画しています。

その、35年の間、金利がずっと変わらないという商品が独立行政法人の住宅金融支援機構が取り扱っている「フラット35」です。

このフラット35には昨年とても大きな優遇措置がありました。

優良住宅取得支援制度に基づいて一定の基準を満たした住宅に対して当初10年もしくは20年間、金利を1%優遇するというものでした。

「フラット35S(20)」という商品です。

これによって優遇金利で住宅を建てることのできる人がマイホームの建築に動き始めました。

当初は昨年(平成22年)12月30日までの申込分となっていましたが9月の閣議決定で今年(平成23年)12月30日の申込分まで期間延長となりました。

試算例として借入額3,000万円借入期間35年、元利金等返済、ボーナス返済なし、融資金利2.31%の場合。通常のフラット35では総返済額約4,377万円。

フラット35Sでは約4,070万円。

フラット35S(20年金利引き下げタイプ)では約4,007万円。

フラット35Sの場合差額約307万円おトク。

フラット35S(20年金利引き下げタイプ)では370万円もおトクになります。

耐震性や省エネルギー性などに優れた住宅金融支援機構の基準を満たす住宅を取得される場合には20年間も1%の金利が優遇されてこのくらいの差額がトクになるというわけなのです。

金利は毎月変動しますが、今現在、超低金利の時代です。

加えてこの優遇措置。

マイホームを考えているけれど手が届かないと思っている方は是非一度相談してみてください。

マイホームが建つか建たないか、家族だけで話し合っていても本当のところはわかりません。

シミュレーションも必要だし、相談することも必要です。家族みんなが幸せになれる家造りをしてくださいね。

質問
電柱の移設ってどうするの?注意点は?
答え

建物の新築に伴う電柱の移設についてですが、敷地内、もしくは進入路などに電柱があり、建築後の生活その他に影響がある場合、電力会社に移設の請求をすることができます。

その場合に、自分の敷地内であっても隣地の方の承諾を求められることがありますが、基本的には隣地の方の同意を得られなくも自分の敷地内であれば移設することは可能だろうと思います。

逆に新しくできた数区画ほどの小さな分譲地ならば敷地内に設置をお願いされることもあるかもしれません。

このような場合、近隣への電力供給などの影響にも配慮した位置を電力会社が提示してくると思いますので差し支えのない範囲で協力をすればいいと思います。

近隣への同意が必要かどうかは土地の権利関係(前面道路に共有者がいて、持分があるのかないのかなど)にも左右されると思います。

自分の敷地内でも、境界に近く、隣家の出入りに支障のある場合には、考えることも必要でしょうがその辺は常識の範囲内で考えていただければよいでしょう。

設置者である電力会社は電力供給のために必要な電柱なので設置できなければ困る、しかし、近隣からの苦情が来るのも困るというところで「近隣の承諾 を求める」ことが多いのですが、権利関係のない人にはそのような承諾を求めて拒否された場合にはその拒否権がどこまで有効かを考えることも必要になりま す。

通常、権利のない方の拒否権を尊重する必要はないと思われますので、上手に話し合いをして、わだかまりのないように電柱の設置、移設をしたいものですね。

質問
日本の住宅の寿命は?
答え

諸外国に比べて日本の住宅は寿命が短いといわれています。

日本の住宅は30年ほどで建て替えをする人が多く、耐用年数は30年ほどだと思っている人も多いようですが実は違います。

木造住宅の場合、構造躯体(柱や屋根、小屋組など)は100年以上もつように作られています。

気候や風土の違いによって耐用年数に差が出ることは事実です。

構造躯体が100年以上もっても壁紙やフローリングなどは20年程度で接着剤の効果がなくなり、はがれ易くなります。

構造が丈夫なのに部材の一つ一つの耐用年数が長くはないので、定期的にリフォームをしなければならなくなります。

しかし、リフォームも大規模なものになると、新築と近い金額になってしまったりします。

そうすると、新しい家に住みたいということで建て替えを選択する人が日本人には多いのです。

欧米では中古の市場が活発で中古住宅を購入して、住みながらリフォームをします。

そうすることで、資産価値が高められるという考えです。

しかし、諸外国とは住宅の構造も材料も違うので同じように並べるわけにもいきません。

日本では台風や地震が多く、国土が狭いので、隣地との距離も短く、家事などで延焼する可能性もあります。

そのような環境の中でいわば使い捨てのような住宅建設を止めようと昨年から「長期優良住宅」の制度ができました。

「つくっては壊す」というフロー消費型の考えを改めて「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会へという考えの下、100年もつ住宅の建築をしようという法律です。

建築するにあたり、使用部材などに諸条件もありますが、長期優良住宅仕様の住宅ならば税金や金利の優遇など受けられるものがあります。

これからはこのような考えが増えていくことは十分に考えられます。

これからは日本の住宅の耐用年数が長くなるであろうことは想像できるところです。

質問
吹き抜けの暖房効率ってどうなの?
答え

吹き抜けを設置したいという希望に対して「暖房効率」を気にする方が多くいます。

開放感が欲しいけれど、冬は寒いのでは?ということです。

確かに暖かい空気は高いところへ上がっていくので吹き抜けから二階へと逃げていきます。

リビングに吹き抜けがある場合、天井にシーリングファンを設置することをお勧めします。

温かい空気を風の力で循環させます。

吹き抜けのメリットとしては先に出た開放感、二階にある居室(子供部屋)との一体感、明るさ、などがあります。

デメリットとしては暖房効率の問題がいちばん大きなものでしょう。

それに吹き抜けの分、二階の床面積が減ってしまうので部屋数を多く取りたい方には向かないかもしれません。

吹き抜けの上部につけた窓からは明るい日差しが入ってきますが、冬は暖かくていいかもしれませんが、夏は暑くなってしまうので開閉のできるものにするといいでしょう。

吹き抜けだけでなく、リビング階段にも同じことが言えます。

暖房が階段を伝わって二階に逃げないようにロールスクリーンやのれんなどをかけるとの工夫をしましょう。

今の住宅は断熱性能も上がっているので吹き抜けからの熱損失よりも窓からの熱損失を考えたほうがいいかもしれません。

カーテンを厚くしたり、遮熱性能の高いLow-Eガラスを使用するなどして熱損失を抑えれば家中が暖かくなります。

ただ、暖房も程度の問題があり、暖めすぎはからだによくないので注意してください。

質問
オール電化ってどうですか?
答え

火を使わないから安心。

空気を汚さないからクリーン。

深夜電力でお湯を沸かせば電気代もおトクになる。

といった特徴を売りにしているオール電化ですが、そのための設備、特にエコキュートについてはまだ、歴史が浅く、耐用年数もはっきりとはわかっていません。

おおよそは10年~15年程度だと思われます。

今までのガスや電気温水器に比べるとランニングコストは安くなりますが、初期費用がかかるので元を取るまでに数年かかるといわれています。

月々の電気代については電力会社(大分なら九州電力)でシミュレーションをしてくれるので一度聞いてみるといいでしょう。

IHクッキングヒーターについても、最近はオールメタルタイプ(IH専用でなくてもどんなナベでも使える)も人気がありますが、3口の一口がラジエントヒーター(IHではなく、熱が出るタイプ)になっているものはなんでも炙ることができて便利です。

しかし、ラジエントヒーター消費電力が多いので気をつけてください。

それに熱を持つので使用した直後は触ることができません。

やけどに注意です。

最近は天板がシルバー色も人気がありますが、黒い天板のほうが汚れは目立ちません。

オール電化にすると、深夜電力の契約をお勧めします。

一番電気代のかかるお湯を料金の安い深夜電力を使って一日分沸かしておき、電気代を節約できるというものです。

しかし、昼間の電力は割高になるので、注意してください。

ガスもプロパンと都市ガスとで料金が違ってきます。ガスも捨てがたいという場合には比較検討もしてみてください。

質問
ウッドデッキが欲しい!
答え

ウッドデッキを希望する人の多くが部屋から続きで窓から外に向けて広く見える開放感を求めています。

ウッドデッキの素材には杉板が多く使われます。

他にもウリン剤やイペ材、などが使われます。

いずれも天然の木材なので屋外に設置することになるウッドデッキは雨風などで劣化します。

設置を決めたならメンテナンスも必要になることをお忘れなく。

ウリン材やイペ材を使うと、劣化しにくくはなりますが、高価な材料なので予算の問題が発生します。

杉板は経年変化が起りやすくなりますが、メンテナンスをすることで、長持ちさせることは可能になります。

しかし、別の問題として、どんな木材もヒビが入ったり反りや曲がりなどは発生します。

天然の木材を使っているということはどんな材料でもメンテナンスが必要になります。

具体的なメンテナンスの方法としては紙やすりやサンダーなどで表面を削る。

傷んだ部分は取替える。

防腐材の入った木材用の塗料を塗って仕上げる。

というようなことがあります。

疑木と呼ばれる樹脂製のものもありますが、高価なのと見た目の問題で好みが分かれます。

ウッドデッキの活用法として一緒に考えるべきなのが庭の活用法です。

BBQをしたいとかテーブルセットを置いてお茶をしたいとか明確な目的がなく、「とりあえず」ならば設置をしないことも選択肢のひとつです。

また、建物の完成後に設置をすることもできますので、必要になってから計画しても遅くはありません。

まずは、必要か不要かを考えてみましょう。

ページトップに戻る